丹原健翔

Kensho Tambara

1992年東京生まれ。キュレーター、作家。アマトリウム株式会社代表。ハーバード大学美術史卒業後に展覧会の企画、キュレーター、作家としての活動をスタートさせる。20年にアートスペース「新大久保UGO」の立ち上げに関わり、21年12月からは「ソノアイダ#新有楽町」のプログラムディレクターを務める。これまで手掛けた展覧会に、「森山大道展」(19年、kudan house)、「過剰な包装」(19年、都内某所)、「ENCOUNTERS」(20年、ANB Tokyo)、「You (We) Are Beautiful!」 (20年、新大久保UGO)など。

?

お問合せ