宮島達男

美術家。1986年東京藝術大学大学院美術研究科修了。88年「第43回ヴェネチア・ビエンナーレ」新人部門に招待され、デジタル数字を用いた作品で国際的に注目を集める。以来、世界30ヶ国250ヶ所以上で作品を発表している。代表作に《メガ・デス》、「時の海」プロジェクト、「タイム・ウォーターフォール」など。長崎で被爆した柿の木2世を世界の子どもに育ててもらう「時の蘇生・柿の木プロジェクト」も推進している。(200)

?

お問合せ