YAU SALON vol.13『「アーティスト・イン・デイサービス」から読み解く、福祉の現場とアート』

“YAUの活動に舞台芸術の領域から関わる一般社団法人ベンチは、埼玉県東松山市を拠点とする医療法人社団保順会と協働して、同法人が運営する高齢者福祉施設「デイサービス楽らく」にアーティストが宿泊滞在しながら、ワークショップや作品制作を行うプロジェクト「クロスプレイ東松山」に取り組んでいます。
福祉や医療の分野においてもアートの関わりが深まる近年、2022年に始動した本プロジェクトから浮かび上がる両者の関係性を紐解き、これからの可能性について探求します。従来のレクリエーションの時間を使ってアーティストが活動を「提供」する構造から、アーティストがケアの現場に滞在することにより、利用者や職員と密接な時間と関係性を持ちながらリサーチをしたり、双方向かつ対等なコミュニケーションを育む「クロスプレイ東松山」。新アーティストの公募に合わせてその活動を紹介します。

YAU SALON vol.13『「アーティスト・イン・デイサービス」から読み解く、福祉の現場とアート』
日時:7月19日(水) 18:30-20:00
スピーカー:武田知也、藤原顕太(一般社団法人ベンチ)

noteはこちらhttps://note.com/arturbanism/n/n376d46d7d74c

?

お問合せ